お知らせ

2019年7月25日(木) 第2回原環センターセミナー「放射性廃棄物処分の安全評価の基礎Ⅱ」開催のご案内

 当センターでは、人材育成の一環として、平成20年から放射性廃棄物最終処分の安全評価の基礎知識に関するセミナーを開催しております。 2019年度第2回原環センターセミナーとして、公益財団法人原子力安全研究協会 技術顧問 杤山 修 先生を迎え、「放射性廃棄物処分の安全評価の基礎Ⅱ」を下記のとおり開催することとなりました。

処分安全評価の入門的知識を基礎から習得したい技術者・研究者向けの内容になっていますが、基礎をもう一度復習したい方など、多数ご参加頂きますようお願い申し上げます。 詳細は開催案内をご覧下さい。お申し込みは、申込み用紙に必要事項を記入し、sanka@rwmc.or.jpまでお送りください。

1. 開催日時

2019年7月25日(木) 10:30~18:30(受付 10:15~)

2. 開催場所

京都大学 東京オフィス 大会議室 A、B
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10階
JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」直結アクセスはこちら

3. 受講対象

放射性廃棄物処分の研究開発や事業にこれから参画しようとする技術者・研究者、既に参画している技術者・研究者で安全評価の基礎知識を深めたい方。

4. 募集定員

30名

5. 講師

公益財団法人原子力安全研究協会 技術顧問 杤山 修 氏

6. 概要プログラム(暫定)

  (第1回セミナーと第2回セミナーの講義プログラムと内容は別紙をご覧ください。)

講義4:放射性廃棄物処分の基本戦略
  4.1 放射性廃棄物のリスク
  4.2 放射性廃棄物処分の安全原則
  4.3 放射性廃棄物の処分に関連するIAEA安全基準の要件と指針
  4.4 規制免除,クリアランスと認可排出
  4.5 放射性廃棄物の分類と処分オプション
講義5:放射性廃棄物の隔離と閉じ込めの達成
  5.1 地球環境における物質の循環
  5.2 地下水の動き
  5.3 元素の固液分配と動きやすさ
  5.4 放射性核種の移行挙動
  5.5 閉じ込めのための地質環境と隔離の確保
講義6:放射性廃棄物処分のセーフティケースと安全評価
  6.1 安全評価とセーフティケース概論
  6.2 処分システムの安全評価
  6.3 シナリオ区分による不確実性に対する対策:処分システムの頑健性の確保
  6.4 セーフティケースの構成要素と段階的開発におけるセーフティケース
総合討論

7. 申込み方法・締め切り

別添の受講申込書に所定事項を記入して、電子メールでsanka@rwmc.or.jpまでお申し込み下さい。 申込み締め切りは、2019年7月18日(木)ですが、これ以前に募集定員に達した場合は募集を締め切りますのでご注意ください。

8. 受講料

受講料15,000 円/名(税込み)となります。受講申込を受領しましたら、請求書で振込口座名をお知らせしますので、7月18日(木)までに受講料をお振り込みください。受講料の振込みが確認されると申込み完了となります。領収書が必要な場合は申込書にご記入ください。領収書はセミナー当日にお渡しします。
注)申し込み締め切り日前に受講をキャンセルした場合は、受講料を返却いたします。また、振り込みが遅れる場合などは下記までお問合わせください。
なお、原環センター特定及び特別賛助会員は2名、普通賛助会員は1名が無料で受講いただけます。

9. 問い合わせ先

(公財)原子力環境整備促進・資金管理センター
企画部: 藤原(03-6264-2206)又は吉澤(03-6264-2205)
電子メール:sanka@rwmc.or.jp (@を半角に変更してください。)

詳細は以下をご覧下さい。

開催のご案内

別紙_放射性廃棄物処分の安全評価の基礎Ⅰ&Ⅱ講義プログラム(暫定)

受講申込書

なお、原環センター賛助会員はこちらをご覧ください。特定及び特別会員は2名、普通会員は1名が無料で受講いただけます。