最終処分資金管理業務について

残高及び運用状況

第一種最終処分積立金

 ※第一種は高レベル放射性廃棄物の最終処分のための積立金

1.第一種最終処分積立金運用残高

■平成28年度積立金運用残高増減実績表
残高(前年度末)
百万円
増 加
百万円
減 少
百万円
残高(当年度末)
百万円
積立金受入 937,239 5,185 942,425
積立金取戻 62,142 4,403 66,545
利  息  等 114,646 10,053 124,700
合     計 989,744 15,239 4,403 1,000,581

(注)1 百万円未満は、切り捨てて表示している。
(注)2 積立金受入増加額は、原環機構からの再積立額609百万円を含む。
(注)3 利息等の残高は、前年度末1,070百万円、当年度末967百万円の未収利息を含む。

2.第一種最終処分積立金運用状況

■平成28年度末積立金資産構成
  簿価金額
百万円
構成比(簿価)
 
額面金額
百万円
利回り
 
債券 国     債 439,046 45.5% 439,100 0.97%
政府保証債 130,482 13.5% 130,800 1.01%
地  方  債 173,257 18.0% 173,400 1.00%
事 業 債 等 221,282 23.0% 221,300 1.01%
債 券 合 計 964,069 100.0% 964,600 0.99%
預     金 35,542 0.001%
運用残高合計 1,000,581

(注)1 百万円未満は、切り捨てて表示している。
(注)2 運用残高合計は、未収利息967百万円を含む。
(注)3 事業債等は、財投機関債(薄価金額40,500百万円・額面金額40,500百万円)を含む。
(注)4 預金は、普通預金の残高。
(注)5 利回りは、平成29年3月末時点の最終利回り(単利)。

第一種最終処分積立金運用残高等


第一種最終処分積立金残高の推移、債券の購入実績等については、第一種最終処分積立金の運用実績についてをご覧下さい。



第二種最終処分積立金

 ※第二種はTRU廃棄物(地層処分対象)の最終処分のための積立金

1.第二種最終処分積立金運用残高

■平成28年度積立金運用残高増減実績表
  残高(前年度末)
百万円
増 加
百万円
減 少
百万円
残高(当年度末)
百万円
積立金受入 47,230 5,940 53,171
積立金取戻 8,039 1,217 9,256
利  息  等 632 61 694
合     計 39,824 6,002 1,217 44,609

(注)1 百万円未満は、切り捨てて表示している。
(注)2 積立金受入増加額は、原環機構からの再積立額166百万円を含む。
(注)3 利息等の残高は、前年度末7百万円、当年度末6百万円の未収利息を含む。

2.第二種最終処分積立金運用状況

■平成28年度末積立金資産構成
  簿価金額
百万円
構成比(簿価)
 
額面金額
百万円
利回り
 
債券 国    債 25,906 66.2% 25,900 0.16%
政府保証債
地  方  債 5,099 13.1% 5,100 0.02%
事 業 債 等 8,100 20.7% 8,100 0.06%
債 券 合 計 39,106 100.0% 39,100 0.12%
預     金 5,497 0.001%
運用残高合計 44,609

(注)1 百万円未満は、切り捨てて表示している。
(注)2 運用残高合計は、未収利息6百万円を含む。
(注)3 事業債等は、財投機関債(簿価金額2,700百万円・額面金額2,700百万円)を含む。
(注)4 預金は、 譲渡性預金及び普通預金の合計額。
(注)5 利回りは、平成29年3月末時点の最終利回り(単利)。

第二種最終処分積立金運用残高等


第二種最終処分積立金残高の推移、債券の購入実績等については、第二種最終処分積立金の運用実績についてをご覧下さい。



電力債運用に際しての自主ルール及び購入実績

■電力債運用に際しての自主ルール
<総額の規制>

 ・電力債の購入は、年度運用計画に基づく社債券購入予定額の50%以内
  (但し、初年度となる平成13年度受入分については、25%以内)
 ・電力債の保有残高は、全債券保有残高の10%以内
 ・同一の電力会社が発行する社債券で運用する積立金の額は、社債券で運用する積立金の総額の100分の20を超えない

■平成28運用年度(平成28年3月~平成29年2月)

電力債は購入していない

■平成28年度末

電力債の保有残高 356億円
全債券保有残高に占める比率 3.7% (第一種最終処分積立金)

電力債運用に際しての自主ルール等