賛助会員について

賛助会員優待サービスの内容

I.情報提供

I.1.原環センタートピックス
  四半期ごとに当センターの調査研究等の成果のトピックスをまとめた小冊子をお送りします。当センターの動きもご覧になれます。
I.2.原環センター技術年報
  調査研究概要を中心とする当センターの活動状況(国際協力、論文・学会等発表リスト、委員会リストなど)を紹介する年報(冊子)をお送りします。
I.3.原環センター技術報告書
  当センターが実施している調査研究(自主調査研究、受託研究)の成果を、引用可能な技術論文としてまとめた「技術報告書」(冊子)をご希望により入手できます。
I.4.海外の最新情報
  放射性廃棄物の処理処分に関する最新海外情報を、登録された方へ電子メールで提供します。
I.5.国内外の個別情報【特定賛助会員向けの優待】
  会員の求めに応じ、会員個別に必要な当センター保有の放射性廃棄物に関する国内外の詳細情報を提供します。
I.6.原環センター講演会
  国内外有識者による放射性廃棄物処理処分に関連するテーマで講演会(年4回程度)を開催しています。賛助会員はこれらに優先的に参加できます。
I.7.放射性廃棄物ハンドブック
  国内外の低レベルから高レベル放射性廃棄物までの技術情報、規制情報など幅広い情報をまとめた冊子とその電子ファイルを納めたCD-ROMをお送りします。
I.8.講演会・セミナー配付資料
  当センターホームページの賛助会員専用ページから当センター主催の講演会とセミナーの配付資料を閲覧できます。

II.人材育成

II.1.原環センターセミナーの受講
  放射性廃棄物最終処分の安全評価に関する1日セミナー(年3回程度)を開催し、研究者・技術者の知識・能力向上を図っています。特定賛助会員及び特別賛助会員は2名、普通賛助会員は1名が無料で優先的に受講できます。

II.2.当センターでの研究者・技術者のOJT 【特定賛助会員及び特別賛助会員向けの優待】
  当センターに研究者・技術者を派遣し、調査研究に携わりながらオン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)で、放射性廃棄物処理処分に関する実践的なスキルアップができます。研修期間は3ヶ月から1年程度です。

II.3.海外機関への研究者・技術者派遣 【特定賛助会員及び特別賛助会員向けの優待】
  当センターは、ANDRA、NAGRA、SKB、DBEを始め多くの海外機関と協力関係にあります。当センターを通じて海外の関係機関に選ばれた研究者・技術者を派遣し、実務に従事させることにより、国際的に通用する人材を育てることができます。(実費)。

Ⅲ.調査研究

Ⅲ.1.自主調査研究への参加 【特定賛助会員及び特別賛助会員向けの優待】
  当センターが実施する時代を先取りする研究の一部に参加(費用分担)又は共同で実施し、成果を共有することができます。

Ⅲ.2.研究企画懇談会への参加 【特定賛助会員向けの優待】
  調査研究実施状況の報告、調査研究計画等への意見交換を行う研究企画懇談会(年1回開催)に参加できます。