原環センターライブラリ

代表的なガラス固化処理法


フランス・マルクールのガラス固化方式のフローシート(AVM法)
(科学技術庁パンフレットより)

サイクル機構TVFガラス固化プロセスの構成(LFCM法)
(動燃技報 No85より)
方式 LFCM法 AVM(AVH)法
ガラス溶融プロセス
特徴 プロセス構成:ガラス溶融炉
溶融炉加熱方式:直接通電ジュール熱加熱
溶融炉材料:セラミックス
廃液供給:液体供給方式
処理容量:大容量化が容易
プロセス構成:ロータリー仮焼装置、ガラス溶融炉
溶融炉加熱方式:高周波加熱
溶融炉材料:金属(インコネル製)
廃液供給:廃液仮焼ののち粉粒状態で供給
処理容量:大容量化が困難(複雑系統で対応)
LFCM法とAVM(AVH)法の特徴比較

LFCM:Liquid Fed Joule-heated Ceramic Melter
AVM:Atelier Vitrification de Marcoule